家庭用蓄電池は後付けできるのか?後付けができる2つの方法

太陽光発電を設置した数年後に蓄電池も導入したいと思われる方も少なくありません。基本的に、ご家庭に導入する場合、太陽光発電と連携させるケースが多くなっています。なぜなら、発電した電力を蓄電池に貯めて節電効果などを獲得したいからです。

蓄電池は太陽光発電を設置しているご家庭に後付けすることができます。今回は、家庭用蓄電池の後付けができる2つの方法をご紹介しますので、興味のある方はチェックしてください。

蓄電池の後付けができる2つの方法

蓄電池の後付けができる方法は大まかにわけて2つです。それぞれの方法で導入の仕方や特徴が異なりますので、比較してご家庭に合ったものを選択しましょう。

単機能型の蓄電池を設置する

1つ目の方法は、単機能型の家庭用蓄電池を設置する方法です。太陽光発電を設置しているご家庭には、すでに発電用のパワーコンディショナーが導入されています。そこに、蓄電池用のパワコンを追加することで、両者を組み合わせて使用することが可能です。そのまま蓄電池を導入するだけなので、非常にわかりやすい方法といえるでしょう。ちなみに、別々の役割を担うパワコンを設置する必要があるため、広い設置スペースが必要になります。

ハイブリッド型のパワコンに取り替える

2つ目は、ハイブリッド型のパワコンを導入する方法です。ハイブリッド型のパワコンには蓄電池と太陽光発電の2つの機能が搭載されています。簡単にいえば、単機能型では別々のパワコンを用意しなければならかったものを1つにまとめられると表現すればわかりやすいのではないでしょうか。

この方法の場合、太陽光発電用のパワコンは廃棄することになります。そのため、一般的にパワコンの耐用年数は15年程度といわれていますので、使用期間が少ない場合はもったいないと感じる方も多いでしょう。

蓄電池の後付けなら和上ホールディングスにぜひお問い合わせください!

今回は、蓄電池を後付けする方法について解説しました。後付けすることで、節電効果を高められるなどのメリットがあるため、実際に後付けによる導入を検討している方も多いのではないでしょうか。

後付けで導入したいというご家庭は、ぜひ和上ホールディングスに蓄電池の設置をおまかせください!和上ホールディングスは、大阪や東京を中心に太陽光発電や蓄電池などの販売を行っている専門業者です。顧客の要望に沿った提案をすることができ、納得した蓄電池の導入をサポートします。興味のある方はホームページからぜひお問い合わせください。

最新情報をチェックしよう!
>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本当にブロガーさんやアフィリエイターさんのためになる日本一のテーマにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております!

日本国内のテーマでナンバー1を目指しております。どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

CTR IMG