解決!太陽光発電のブレーカーが落ちてしまう3つの原因

太陽光発電を導入しているご家庭の中には、ブレーカーのトラブルに頭を抱えている方もいるのではないでしょうか。代表的なトラブルのひとつとして挙げられるのが、ブレーカーが落ちてしまうことです。

ブレーカーは住宅内で適切な量の電気を供給するために、電気量をコントロールして必要であれば遮断する役割を担います。頻繁にブレーカーが落ちてしまうと使用している家電製品がすべて停止してしまうので、生活の利便性も悪くなってしまうでしょう。

そのため、原因を突き止めてトラブルを解決する必要があります。今回は、太陽光発電のブレーカーが落ちる原因について解説しますので、困っている方はぜひ参考にしてください。

太陽光発電のブレーカーが落ちる3つの原因

ブレーカーが落ちる原因は3つです。必要に応じて業者に相談してください。

漏電が原因

1つ目の原因は漏電です。破損や不具合により、雨水が侵入して漏電を引き起こす可能性があります。漏電は人に感電させる恐れがあるため、ブレーカーは落ちて電流を遮断するのです。

施工不良だけでなく、アリによる被害などによって絶縁に不具合が発生することもあります。もし、漏電が原因でブレーカーが落ちているのなら、専門業者に早く点検してもらう必要があるでしょう。

電気容量が合っていない

2つ目の原因は、電気容量が合っていないことです。太陽光発電には、それぞれの製品で電気容量が異なります。容量以上の電力を使用しようとするとき、ブレーカーが落ちるので注意しましょう。

設備の容量以上の電力を扱うと故障を招く原因になります。そのため、電気容量が合わずにブレーカーが落ちる場合は専門業者に相談してください。

高温多湿が原因

3つ目の原因は高温多湿です。ブレーカーの温度や湿度が高い場合、誤作動で電流を遮断しようとします。特に、屋外に設置されているブレーカーに見られる原因のひとつです。もし、高温多湿が原因になっているなら、ブレーカーの設置場所を変えるなどの対策が必要になるでしょう。

太陽光発電の交換は和上ホールディングスにおまかせください!

漏電など、なにかのトラブルが原因でブレーカーが落ちている人は、交換しなければならないケースもあります。もし、交換を検討しているなら、和上ホールディングスにおまかせください!今後、トラブルが起こりづらいように、顧客に最適な太陽光発電の提案を致します。興味のある方はホームページからぜひご相談ください。

最新情報をチェックしよう!

太陽光発電の最新記事8件

>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本当にブロガーさんやアフィリエイターさんのためになる日本一のテーマにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております!

日本国内のテーマでナンバー1を目指しております。どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

CTR IMG