蓄電池の交換のタイミングとは?3つのポイントを押さえよう!

蓄電池には耐用年数があり、ある程度の使用期間が経過すると交換する必要があります。耐用年数が経過したあとも使い続けていると蓄電容量が下がり、貯めておける電力が低下するのです。そのため、本来の状態に戻すために、交換をする人も多くなっています。

まだ使用することができるけど、どのような状態になったら交換すればいいのかわからないという方もいるのではないでしょうか。そこで、今回は蓄電池の交換のタイミングについて解説しますので、ぜひ参考にしてください。

蓄電池の交換を検討したい3つのタイミング

蓄電池の交換を検討したいタイミングは3つです。もし、自身の蓄電池が交換のタイミングに当てはまるなら、業者にお問い合わせをしましょう。

耐用年数が経過したとき

1つ目のタイミングは、耐用年数を経過したときです。家庭用蓄電池の耐用年数は、15〜20年が目安と言われています。ご購入からこれらの年数を経過する人は、交換を検討するもしくは点検を依頼するのがおすすめです。

耐用年数が経過すると蓄電容量が低下し、充電できる時間が短くなります。寿命を迎えるとすぐに壊れることはありませんが、利便性が悪くなるため、交換を検討するタイミングになるでしょう。

故障して使用できなくなったとき

2つ目のタイミングは故障です。寿命を経過していない蓄電池が壊れることもあります。故障すると使用することができませんので、交換をするか修理を行う必要があるでしょう。

一般的に、蓄電池には保証期間があります。その期間内であれば、無料で修理をしてもらえたり、交換に対応してもらえたりする可能性も少なくありません。保証書を確認し、期間内に該当する場合、アフターサポートの利用を検討してください。

充電回数の上限に到達したとき

3つ目は、充電回数が到達したときです。蓄電池の種類によってサイクル回数の上限が設定されています。上限を超えたタイミングで交換すると性能を維持することが可能です。

しかし、メーカーによってもサイクル回数の上限が異なります。また、測定基準が法で定められておらず、メーカーによっては公表しないところもあるため、明確な上限回数を把握できないこともあるでしょう。

蓄電池の交換は和上ホールディングスにおまかせください!

蓄電池の交換のタイミングを迎えたご家庭は、和上ホールディングスに交換作業をおまかせください!和上ホールディングスは、個人や法人に蓄電池・太陽光発電を販売するプロの業者です。交換のタイミングについてもっと知りたい方、蓄電池に関する相談をしたい人は、ぜひホームページからお問い合わせください!

最新情報をチェックしよう!
>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本当にブロガーさんやアフィリエイターさんのためになる日本一のテーマにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております!

日本国内のテーマでナンバー1を目指しております。どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

CTR IMG